女性に大人気の職業に就きたいならネイリスト求人をチェック

建築のプロフェッショナル

間取り

建築のプロに必要な資格

建築士とは建築物の設計や工事の監督を行う職業のことです。なかでも一級建築士は国土交通大臣の免許を受け学校や病院、映画館や百貨店などで延べ床面積500平方メートルを超えるもの、木材建築物で高さ13メートルを超える建造物、鉄筋コンクリート造や鉄骨造で延べ床面積300平方メートル・高さ13メートルを超える建造物、延べ床面積が1000平方メートルで2階以上の建造物を設計・工事監督をする際に必要になります。取得方法は大学の建築学科を卒業するのがオーソドックスとなっています。法規や材料などの学科は独学でも対応することは可能ですが一級建築士試験の際にある製図の試験では学校などで多くの知識を蓄えることが必要になるため通学がお勧めされます。現在の一級建築士資格についてですが、比較的簡単に取得できるなどの点から一級建築士資格保持者が多くなり一昔前ほど価値はありませんが持っていれば建築事務所や建築現場などで働くことができ、人一倍才能を発揮した人の中から独立して個人事務所を開設することができます。一級建築士資格保持者の求人は毎年一定数存在します。求人サイトを見ると大手メーカーから中小企業まで様々な求人がありますが、給料や勤務地だけでなく作っている建造物や扱う材料がそれぞれの会社で異なっているため自分に合った企業を選択することが大切になります。一級建築士資格は人工知能などによってとってかわられるなどという話もありますが、現在は欠かすことのできない仕事です。また多くの求人があるため将来に生かせる資格です。